建築設備業界(物件管理)|お客様の声|Access(アクセス)・Excel(エクセル)での業務システムの開発ならFiveSpot

VOICEお客様の声

お客様の声

お客様の声:vol.4 株式会社TPA様

お客様の声:vol.4 株式会社TPA

大手企業の業務システムに関わってきたからこそわかる、FiveSpotのレスポンスの早さには本当に驚きました。 株式会社TPA
取締役社長 角野泰次 様

(株)TPA様のシステム開発を手がけることになったきっかけは、その親会社にあたる(株)アスク様とのおつきあいが、そもそもの始まり。
官庁や病院、学校などの施設の改修を手がけている(株)アスク様。そして、(株)TPA様はコンビニやドラッグストアなど、広範囲にわたる店舗の改修工事などを数多く受け負っていらっしゃいます。
建築関連のパッケージソフトから、MicrosoftAccessデータベースで業務管理システムを構築していた(株)アスク様でしたが、データ量が著しく増え、調子が思わしくなくなってきた昨年の1月に、システムの改修をご依頼くださいました。そのタイミングで、さらに数多くの案件を管理する(株)TPA様のシステムも、使い勝手がいいように中身を見直そうということに。
お話を伺った角野様は、(株)TPAの社長に就任されたのは、このシステムの改修が行われたあとでしたが、以前、大手メーカー企業の情報システム部に席を置いていらしたこともあり、「この物件管理システムは、絶賛すべきもの」とお褒めの言葉をいただきました。

Q1.(株)TPA様が扱われる業務は、コンビニエンスストアなどの店舗の改修と伺っていますが、具体的にどのような案件を扱われていらっしゃるのか、お教えくださいますか。

はい。店舗の改修そのものというよりは、もう少し緊迫感のあるものですね(笑)。普段は、ドアの故障やトイレのつまりなどはもちろんですが、たとえば、「もう帰ろうか」という時に電話がありまして、「車両事故です」と。そのひと言で救命病棟24時のように、すぐに出動するということも、つい先週あったばかりです。扱う店舗数が多いので、毎日、何かしらのトラブルを処理しているので、数が非常に多い。それだけに、システムの使い勝手の良さがとても重要になってきますね。

Q2.改修が行われた『物件管理システム』をご覧になり、角野様はどのような感想をもたれましたか?

今回の改修が行われたのは、昨年2017年の3月。私が社長に就任したのが4月なので、その前のものが見られなかったというのはある意味残念ですが、改修後のシステムは、素晴らしい、のひと言に尽きますね。最初に見たときには、この規模の会社で、これだけのシステムを採り入れているのはすごいなと思いました。

Q3.具体的にどのような部分がよかったのか、ご説明いただけますか?

お客様の声:vol.4 株式会社TPA

私が関わり始めてから、さらに改修していただいた部分はいくつかありますが、目からウロコだったのは、まず、検索キーワードを入力し、エンターを押して初めて必要な案件が表示されるという機能です。
通常、まず全件が一覧表示されるというスタイルだと思うのですが、数が多いために、その一覧が出るまでに、以前はとても時間がかかりました。この点について、Five Spotさんは「最初は1つも出ないように(検索条件を入力してから検索結果を表示させるようする)した方ががよいですか?」というご提案をしてくださって、これがもう大正解でした。物件への取り組み方が異なる(株)アスクとちがって、私どもは必要な1件がすぐに見たいだけ。社内でも、事務員さんたちが大騒ぎして喜んでくれたので、私もとてもうれしく思いました。システムは何でもできて当たり前と思って使っている人たちが、こんなに喜んでいるのをみるのは初めてでした!

Q4.その他、改修して使いやすくなった点を教えてください。

案件ごとに、各工事の進捗状況をメモにして書き込んでいくのですが、入力した日付や担当者の書き込んだものを、履歴として残していきたいという希望をお伝えしました。それまでは、前の事柄を別の部分にコピーして、一番新しいものを残すというやり方だったのですが、私自身が、それぞれにコメントを入れるという作業をしなければならなかったので、その改修もお願いしたところ、イメージどおりにできあがりました。
それから、細かい制御ができる点ですね。たとえば、ビジネスとしてもうクローズしている案件は数字や金額などは変えられないようにする、責任者だけが必要箇所を訂正できる、など、安全のための制約、制御ができるようにお願いしました。

Q5.建設業界は、パッケージソフトを使用することが多いと伺っていますが、それに比べ、開発したシステムの見積もり機能は、どのようなところが便利なのでしょうか。

入力する見積もりは、1種だけでなく数種のバージョンで作っていくということがよくあるのですが、上書きするのではなく、いくつかの見積もりをそのまま残したまま、最後に決定したものを選んで確定するという作業ができるのが便利です。まあ、ここまでの機能はそれほど珍しくはないのですが、そこで選んだものを、そのまま業者への発注情報・発注書としておこせるという点。これは凝っているなぁ〜と、正直 驚きましたね。
発注業者がA社とB社と2社ある場合、選んだほうの内容のみが、発注情報を再入力しなくても、そのまま発注書におこせるんです。
パッケージソフトでも、大体6〜7割がたの仕事はしてくれるのですが、残りの3割ぐらいができなくて、疲れることが多いんです(笑)。あるいはお金がかかるかのどちらかです。パッケージソフトは高額なわりに、ライセンス利用料が意外にかかります。ちょっとした不都合な部分を直してほしいというと、その都度、けっこうな改修費用がかかってしまうんですね。仮に改修しても、バージョンアップするときに「改造した部分は保証されません」とか言われたりもします。

Q6.今回、FiveSpotに依頼して、結果的によかったと思われる点は、主にどんなところでしょうか。

前職では様々な大手のベンダーさんとおつきあいがありましたが、正直に申しあげますと、私の中では過去最強ですね!とにかくレスポンスも早いし、コスト的にも十分満足しています。大手さんの場合は、営業と開発が別々なケースが多いので、話が返ってくるまでに時間がかかるんですね。その点、FiveSpotさんは「ここを直してほしい」と相談を持ちかけたときに、「やれます、やれません。こうだったならできます」という判断がとても早い。

Q7.今後、さらに改修していきたい部分はありますか?

個人的には、現時点でかなり満足をしています。ただ、TPAだけでなく、アスク側が私どものシステム例を参考にして、もっと改修を望むことがあるでしょうね。それから、仕事で繋がっている関連会社さんも、もっと使い勝手のよいシステム化を進めて、データの連携ができて、どちらもさらに仕事がやりやすくなればいいな、と考えています。

費用やシステム開発のご要望についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

営業時間 / 10:00~18:00(土日祝日は除く)
お問い合わせは無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください

Access(アクセス)開発ならFiveSpot ページトップへ ↑